赤白バンド・ビーシュリンプが死んでしまうのですがなぜですか 熱帯魚水槽.com

ビーシュリンプが死んでしまうのですがなぜですか

   

熱帯魚水槽.com

ビーシュリンプが死んでしまうのですがなぜですか

Home>>熱帯魚の雑学と疑問>>ビーシュリンプが死んでしまうのですがなぜですか

質問事項

赤白バンド・ビーシュリンプ5匹のうちの3匹が、今日水槽を覗いて見たら、死んでいる~残る2匹は大丈夫でしょうか。心配になりました。

管理人返信

ビーシュリンプ水槽の状況をなるべく詳しく教えてください。硝酸塩濃度やエアレーションの有無や水槽立ち上げからどのくらい経っているのか・水温は何度か・茶苔の発生は?などわかる範囲で御願いします


回答

2匹は生きています。それから急いでエアを入れてみましたが。。60センチ水槽の立ち上げは11月26日。用土はアクアスケープ・デザイン No.32 Volcano(溶岩砂)、上にサンディゴールドをのせました。現在の水温は24度、茶苔無し。ウィローモスに糸状の苔発生。硝酸塩濃度は測ったことありません。

水は週1回程度3分の1弱変えています。カルキ抜きはやっています。グッピー20匹、ミナミヌマエビ多数、レッドラムズホーン10匹、サザエ石巻貝2匹、オトシンクルス3匹・・です。水草はスクリューバリスネリア、ロタラ、レッドカモンバ?、ヘアーグラス、ウィローモス他、綺麗に育っています。よろしくお願いします。

管理人返信

私の経験から考えますと水槽には問題ないように感じます。まず底砂は良く考えられていますし、水温も最適です。水槽を立ち上げてから一ヶ月ちょいというのが少し気になりますが茶コケの発生がないのであればバクテリアの繁殖も進んでいるようです。

水草も綺麗に育っているとのことですが下の方まで鮮やかな緑色をしていますか?硝酸塩濃度を測られていないとのことですが水槽立ち上げ時の硝酸塩濃度が高い時などに見られる現象で水草の下のほうが茶色くくすむ現象があります。

もしそのような時はバクテリアを投入するなどして水質の安定を早める方法もいいでしょう。また熱帯魚の数が若干多いようなのでろ過能力の不足も多少気になります。ビーシュリンプを本命にしたいのでしたらできればグッピーの移動なども考えられてみてはいかがですか?

グッピーがこれだけの数いるとほぼ繁殖も不可能に近いです。できることなら別水槽を用意してモスを多めにいれる感じにすると繁殖もしやすいです。

回答

ビーシュリンプはやはり他の水槽で楽しんだほうが良いもののようですか。。。ミナミヌマエビは繁殖出来ても、ビーシュリンプっていうのは弱いんですね。分りました。

今、確認したら、水草はどれも下の方もとても綺麗です。エビは底面のエァ不足に弱いんじゃないかと考えて昨日からエアを入れてみたのですが、エァポンプの音が気になるので、今日止めて、外部フィルターからの給水パイプを水槽液面より上に出して、水が少し上から落ちるようにしてみました。とりあえずのこういうやり方はありますか?

管理人返信

マカロンさん別水槽というのは絶対ではないですがいろいろとメリットがあります。
①別にすれば熱帯魚の数が減りろ過能力が効率よくなります。
②ビーシュリンプは弱酸性・グッピーは弱アルカリ性を好むので厳密にいえば水質がことなります。
③ネオンテトラなどよりグッピーなどは稚エビにちょっかいをだしやすいです。このようなことから別にするのは理想ですが現実からいって簡単に水槽を増やすのは難しいですよね・・・

回答

グッピーは人なつっこいし、何でも興味深々、わかりました。中央の2個の大きめの石に付けたウィローモスはミナミヌマエビが占拠しているのでこれじゃ赤白ビーの居場所が無い。。応急処置として2匹がよく居る隅っこの場所にウィローモスを入れました。

マカロンさん投稿感謝いたします。

前の記事>>熱帯魚の引越しで注意することはなんですか?
次の記事>>エアーポンプの騒音を抑える方法を教えてください


関連記事

  • Q021 水面に浮ぶ油膜をなくす方法を教えてください
  • Q022 水面まで伸びた水草の手入れ方法を教えてください
  • Q023 海苔のような緑色の苔の対処法を教えてください
  • Q024 グッピーが増えすぎて困っています。
  • Q025 エンゼルフィッシュの繁殖について
  • Q026 水草を多く入れるとコケが生えにくいのですか?
  • Q027 クリスタルレッドシュリンプのグレードとはなんですか?
  • Q028 底砂に体長3~5mm程のにょろにょろしている虫?
  • Q029 ウオジラミ?それとも貝?
  • Q030 ネオンテトラの水質について
  • Q031 ネオン病とはなんですか?どのような症状がでるのですか?
  • Q032 トリートメントの薬浴に使う薬はなにがよいのでしょうか?
  • Q033 熱帯魚の引越しで注意することはなんですか?
  • Q035 エアーポンプの騒音を抑える方法を教えてください
  • Q036 液肥はコケ発生の原因になりますか?
  • Q037 みなみぬまえびだけが必ず死ぬのですが
  • Q038 レッドラムズホーンは水草を食害しますか?
  • Q039 アマゾンチドメグサが根付きませんがなぜですか?
  • Q040 ヤマトヌマエビは汽水でないと繁殖できないのですか?

    [PR] 海水魚|水草|金魚|メダカ

  • PR

    熱帯魚飼育の知識

  • 熱帯魚の原産国と飼育環境
  • 熱帯魚飼育に必要な設備
  • 熱帯魚飼育目的別水槽の選び方
  • 熱帯魚飼育を成功させるろ過フィルタ
  • 水槽ヒーターの選び方と注意点
  • 水質に影響を与える底砂の選び方
  • 流木の選び方とアク抜き方法
  • 熱帯魚購入から水槽に入れるまで

  • 熱帯魚水槽の最適な設置場所
  • 熱帯魚水槽の立ち上げセット方法
  • 水道水が使えない理由とカルキ抜き
  • 水槽が汚れる理由と濾過フィルター
  • ペーハー(pH)測定からわかる水槽環境
  • 熱帯魚購入の際の注意点
  • 熱帯魚の運搬と水槽にいれるまで
  • 熱帯魚水槽の日常管理

  • 餌の量と水質悪化の関係
  • 水換えの必要性と周期
  • 水槽掃除の仕方と注意点
  • コケの大量発生予防策と除去
  • 熱帯魚水槽の夏場の水温管理

    初心者向け熱帯魚の飼育法

  • カージナルテトラの飼い方と繁殖
  • ネオンテトラの飼い方と繁殖
  • アフリカンランプアイの飼い方と繁殖
  • グッピーの飼い方と繁殖
  • ベタの飼い方と繁殖
  • ヤマトヌマエビの飼い方と繁殖
  • コリドラスの飼い方と繁殖
  • グーラミィの飼い方と繁殖
  • グローライトテトラの飼い方と繁殖
  • レッドビーシュリンプの飼い方と繁殖
  • オトシンクルスの飼い方と繁殖
  • エンゼルフィッシュの飼い方と繁殖
  • 初心者でも失敗しないディスカス飼育
  • 稚魚の餌インフゾリアとブラインシュリンプ

    熱帯魚の病気と害虫駆除

  • 熱帯魚の病気の発見方法
  • 熱帯魚を病気にさせない毎日の世話
  • 熱帯魚の病気 治し方
  • 熱帯魚の薬浴
  • ひれぐされ病の原因と治し方
  • 白点病の原因と治し方
  • ウーディニウム病の原因と治し方
  • 水槽内の害虫対策方法
  • ヒドラ・プラナリアの駆除
  • 水槽内のスネール退治

    熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事


  • カージナルテトラの飼い方と繁殖

    熱帯魚 カージナルテトラ(カーディナルテトラ)は飼育が容易な事から初心者入門魚としても広く知られており、熱帯魚飼育をはじめようと思われている>>続きを読む

  • ネオンテトラの飼い方と繁殖

    熱帯魚 ネオンテトラは熱帯魚ショップでもカージナルテトラ(カーディナル)と並んで非常に人気のある熱帯魚です。カージナルテトラとの違いは腹部の>>続きを読む

  • アフリカンランプアイの育て方

    熱帯魚 アフリカンランプアイは透き通るようなグレーの体色に目の上だけクリアブルーに光る幻想的なメダカで名前からもわかるようにナイジェリアなど>>続きを読む

  • 水槽掃除の仕方と注意点

    熱帯魚 熱帯魚水槽の掃除には大きく分けて2種類の方法があります。まず一つ目は水槽内の熱帯魚が全滅してしまったり、コケが蔓延してしまい非常に>>続きを読む

  • 水槽立ち上げ時のパイロットフィッシュ

    熱帯魚 水槽立ち上げ時のパイロットフィッシュのパイロットとはものごとを正しい方向に導く案内人という意味でここでは水槽内の水質を正しい方向へ>>続きを読む

  • エンゼルフィッシュの飼い方と繁殖

    熱帯魚 エンゼルフィッシュは熱帯魚飼育の入門魚として非常にメジャーな熱帯魚です。エンゼルフィッシュはその独特な体系とおっとりとした泳ぎ方から>>続きを読む

  • みなみぬまえびだけが必ず死ぬ

    熱帯魚 現在45センチの水槽でネオンテトラ14匹、コリドラス2匹、オトシンクルス2匹を飼育しています。水温は25度、ペーハー6.5です。この水槽に>>続きを読む

  • 水槽で発生する油膜の原因と対策

    熱帯魚 アクアリウム水槽で立ち上げ当初などによく水面に発生するギラギラした白い膜のようなもの、俗に油膜などと呼ばれていますが何故このような>>続きを読む