熱帯魚飼育に必要なもの 簡単飼育おすすめセット

熱帯魚飼育に必要なもの 簡単飼育おすすめセット

   

熱帯魚水槽.com

熱帯魚飼育に必要なもの

熱帯魚水槽.com>>熱帯魚飼育の知識>>熱帯魚飼育に必要なもの 簡単飼育おすすめセット

熱帯魚飼育をはじめるのに必要なものは?熱帯魚飼育初心者がはじめて熱帯魚を飼育する際に必要なものや簡単に始められるおすすめ飼育セットなどをご紹介しています。

飼育スタイルと必要なもの

熱帯魚飼育セットいよいよ熱帯魚を迎える準備に取り掛かりましょう。

どんな熱帯魚を飼うのか、どのくらいの数の熱帯魚を泳がせようか、どんなレイアウト水槽にしようかなど色々と考えを膨らませながら水槽の準備をしている間も熱帯魚飼育の楽しみの一つかもしれません。


そんな熱帯魚飼育をはじめる際に最低限揃えなければならない飼育用品(必要なもの)がいくつかあります。

基本的には熱帯魚を入れる水槽と水槽内の水質を綺麗に保つ為のろ過フィルター、水槽内の温度を一定に保つ為のヒーターがあれば熱帯魚飼育は始められます。

この中でも水槽やろ過フィルターは、金魚などの飼育経験があれば既に揃っており、後はヒーターさえ揃えれば飼育は始められるなんて方も多いのではないでしょうか。

ただこの設備はあくまでも熱帯魚を飼ううえでの必要最低限の飼育用品や器具であることは認識しておいてください。

このほかにもあったほうがいいものとして底砂や温度計・デジタルタイマー・照明・熱帯魚やゴミを掬うネットなどがあります。


熱帯魚を飼育する上ではこの程度のものを揃えれば問題なくはじめられますが、最近ブームになっている水草育成なども考えているようでしたら、さらに水草が育つ環境を考えてあげなければなりません。

水草育成と熱帯魚飼育の大きな違いは水草が植物であることです。

そのため、水草育成をおこなうのであれば水草がしっかり光合成を行い、成長できるような環境を作り上げなければなりません。

よって二酸化炭素の添加や肥料の添加など熱帯魚飼育器具にプラスアルファの設備を必要とすることもあります。

水草育成に関しての話は水草水槽.comで詳しくご紹介していますので、水草育成にご興味がありましたらこちらをご覧ください。


少々話が反れてしまいましたが、熱帯魚飼育に関していえば、最低限必要なものはそんなに多くはないものです。

しかし逆にこだわりだしたらきりがないほど熱帯魚飼育の器具は充実しているとも言えます。

最近のアクアリウムブームの煽りを受けて、ここ数年で飼育器具の種類や性能は飛躍的に上がりました。

よって最近では熱帯魚飼育はしっかりとした器具(設備)を用意すれば、ほぼ成功したと言われるほどです。

逆にもったいないからと言ってけちったりした結果、ろ過能力不足のフィルターを使い水質の悪化が早まり、熱帯魚を死なせてしまったなんて事もあるようです。

そんなアクアリストに限って熱帯魚を次々と買い足していくものです。

よくよく考えてみたら熱帯魚が死んでは買って、死んでは買ってを繰り返していたら、そのお金でもっといい器具を買えていたりするものなのです。

それ以上に死んだら買い足せばいいと思っている間は熱帯魚を飼育する資格すらないのかもしれません。

熱帯魚も大切な命を持った生き物であることをしっかり意識して一度飼ったら病気にさせない。死なせない。そのような気持ちで飼育に取り組みたいものです。


熱帯魚の飼育数について考える

熱帯魚は生き物です。死んだら買い換えればなんて考えで飼育するような方には熱帯魚飼育は向いていないかもしれません。

どうしたら熱帯魚に一番いい環境を用意でき、維持できるのかを最優先に考えればおのずと必要な物は見えてくるはずです。

水槽一つとっても、ネオンテトラなどの小型カラシンなどを100匹くらい群泳させてみたいと考えていたら、大きな水槽を用意しなければなりません。

もし30cm水槽に100匹の熱帯魚を入れればどうなるかはすぐに想像できると思います。

熱帯魚の数に対して水量があまりにも少なすぎると水質の悪化が極端に早まり、病気になりやすくなってしまいます。

さらにろ過フィルターをつけないなんてことをしたらそれこそ話になりません。

たくさんの熱帯魚を群泳させたいのであれば大きめの水槽でしっかり水量を確保しつつ、ろ過フィルターを使い水質の安定に努めなければなりません。

熱帯魚飼育の準備と言ってもこのようにどの様な飼育スタイルを考えているのかを明確にすることで必要な設備が見えてきますので、まずは飼育スタイルをしっかりと考えてみるのもいいかもしれません。

水槽サイズと飼育数の関係

水槽で生き物を育てるときには、その水槽サイズに見合った適正飼育数の把握が必要不可欠となります。

水槽サイズに合わない過密飼育は毎日の世話を大変にさせるうえに、生体の寿命にも影響を与える要因となりますので避けなければなりません。

飼育数が多ければ、それだけ生体から排出される糞も多くなりますので、水槽の水は汚れやすくなります。

そのため、しっかりとしたろ過能力と頻繁な水替えが必要不可欠となります。

また、高水温時には水中の溶存酸素量不足による酸欠を引き起こしやすいデメリットもあります。

それでは、実際どの位の水槽でどのくらいの数の熱帯魚が飼育できるのか考えていきましょう。

ネット上や書籍などでは様々な計算方法が紹介されているため迷ってしまうこともあるでしょう。

よく言われているのが「1リットルに対して1cm」ですので、3cmの熱帯魚で考えると1匹飼うのに3リットルの水が必要になります。

60cm規格水槽(60cm×30×36)の最も標準的な水槽で考えると60リットル程度ですので、20匹となります。

本当に!?

実際、60cm水槽に20匹の熱帯魚を入れてみると、このような疑問が出てくるはずです。

確かに3cm程度の熱帯魚20匹って結構少なく見えるものです。実際にはもう少し入れても問題ありません。

ではなぜこのような計算方法が目安として使われているのでしょうか?

それは熱帯魚飼育経験の浅い初心者の方でも長期的な飼育で問題が起こりにくい安全な飼育数を表しているからなのです。

熱帯魚飼育の適正数を考えるうえでは、ここでいう「長期的な飼育」という考え方が大切なのです。

熱帯魚飼育初心者(飼育経験の浅い人)ほど、小さな水槽に多くの熱帯魚をいれてしまうものです。

そしてさらにろ過フィルターの重要性を安易に考え、ろ過能力の低いものを設置しがちなのです。

そうなると、飼育当初は熱帯魚を多めにいれても問題は起きないので大丈夫だろうと思ってしまうのですが、低いろ過能力、少ない水量、多くの生体の条件が揃うと水槽の水質悪化は急速に進んでしまいます。

そのことに気が付いていれば、水替えやろ過フィルターの増設などで対応はできるのですが、このような条件で熱帯魚飼育してしまうような人の多くは、知らず知らずのうちに水質が悪化し、熱帯魚を病気にさせてしまうものなのです。

水槽サイズに対する適正飼育数とは、ろ過能力や毎日の管理方法などを加味して、長期的に亜硝酸が検出されない水質を維持できる数なのです。



その数は生体の大きさや活発性などによっても変わってきます。ただ全ての条件を初心者の方に説明して理解してもらい、飼育数を割り出すことは難しいので、あくまでも目安とした計算方法が紹介されているのです。

よってネット上や書籍などで見られる飼育適正数の計算方法はどれも間違いではないのです。

どの情報を参考にするのも自由ですが、適正飼育数の考え方はまずは少なめに入れ、急速な水質の悪化が起こらないことが確認できたら徐々に数を増やしていくようにすることが望ましいでしょう。

例としては、「1リットルに対して1cm」の計算方法で60cm水槽に20匹のネオンテトラを入れて飼育をはじめます。

その後、定期的な水質測定を行いながら亜硝酸が検出されないことを確認します。

水質が安定していることが確認できたら、さらに10匹くらい追加してみる。もしくは、混泳可能な違う種類の熱帯魚を追加してみるなどもよいかもしれません。

初心者におすすめ簡単飼育セット

水槽セット各設備を個別に買う方法よりもお得で解りやすいのが、水槽セット販売のものを購入することでしょう。

水槽セットは熱帯魚や水草育成などに必要なものがセットになって販売されていますのでどのようなものを買えばいいのかいまいちわからないようなときはメーカーのお勧めセット品を検討してみましょう。




前の記事>>熱帯魚の原産国と飼育環境
次の記事>>熱帯魚飼育目的別水槽の選び方

関連記事

  • 熱帯魚の原産国と飼育環境

    熱帯魚 熱帯魚とは赤道を中心とする熱帯・亜熱帯地域の河川や湖に生息する淡水魚の総称で色や形が鮮やかなものが多く、そのような魅力から観賞用に>>続きを読む


  • 熱帯魚飼育目的別水槽の選び方

    熱帯魚 熱帯魚飼育をはじめるにあたってまず最初に用意するものに水槽があります。水槽と一言でいっても目的によって多種多様なものがありインテリア>>続きを読む


  • 熱帯魚飼育を成功させるろ過フィルタ

    熱帯魚 ろ過フィルターとは水槽内の汚れた水を綺麗にする働きをするもので熱帯魚飼育には欠かせない設備の一つです。ろ過フィルターも用途に合わせて>>続きを読む


  • 水槽ヒーターの選び方と注意点

    熱帯魚 熱帯魚とは読んで字のごとく熱帯地域や亜熱帯地域に生息する淡水魚の総称です。熱帯地域と言えばその国に行ったことの無い方でも(私も行った>>続きを読む


  • 水質に影響を与える底砂の選び方

    熱帯魚 熱帯魚水槽に底砂を入れることで無機質なガラスだけの水槽よりも自然な雰囲気を醸し出してくれるため熱帯魚などを飼育する際には今や底砂を>>続きを読む


  • 流木の選び方とアク抜き方法

    熱帯魚 水槽内のアクセントとして流木を取り入れたレイアウトは水槽内に立体感をだし、流木とともに少しの水草を植えるだけでアマゾン川の水景の一部>>続きを読む


    PR 水草 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング | 苔育成 | トカゲ |

  • PR


    よく読まれている記事

  • 油膜対策に必見!!水槽に発生する油膜の原因と影響から除去・対策・取り方
  • 水槽水面に浮く油膜 水槽に発生する油膜の発生原因から油膜による水槽内への影響。油膜の除去・対策方法も一緒にご紹介しています。>>続きを読む


  • 水槽の泡立ち 水面から泡が消えない原因と対策
  • 水槽の泡 水槽立ち上げ時には無かった細かい泡のようなものが水槽の水面に浮いている。泡立ちの原因となるようなものを水>>続きを読む


  • ミナミヌマエビだけが死ぬ!?赤くなる原因・死因・pHや水質を考える
  • ミナミヌマエビ 過去3回挑戦して全滅です。水合わせはしています。最初は元気なのですがだんだんと身体が赤くなっていき弱って>>続きを読む


  • ネオンテトラの飼い方と繁殖(産卵) | 繁殖方法・難易度・時期・兆候・卵の孵化まで
  • ネオンテトラ ネオンテトラは熱帯魚ショップでもカージナルテトラ(カーディナル)と並んで非常に人気のある熱帯魚です。カー>>続きを読む


  • 水槽の掃除方法と便利な掃除道具・掃除頻度を減らす方法
  • 水槽掃除 アクアリウムと水槽手入れ(掃除)は切っても切れない縁です。水槽の正しい掃除方法(仕方)から掃除を楽にする>>続きを読む


  • 水槽立ち上げ時のパイロットフィッシュ|入れるタイミングや期間・お勧めパイロットフィッシュ
  • パイロットフィッシュ 水槽立ち上げ時のパイロットフィッシュのパイロットとはものごとを正しい方向に導く案内人という意味でここでは>>続きを読む


  • 失敗しないカージナルテトラの飼い方と繁殖
  • カージナルテトラ カージナルテトラ(カーディナルテトラ)は飼育が容易な事から初心者入門魚としても広く知られており、熱帯魚飼育>>続きを読む


  • 失敗しないアフリカンランプアイ飼育 飼い方と繁殖・卵から稚魚
  • アフリカンランプアイ アフリカンランプアイは透き通るようなグレーの体色に目の上だけクリアブルーに光る幻想的なメダカで名前からもわ>>続きを読む


  • ネオンテトラの飼育で初心者が気を付けたい飼育数・水温・餌の量
  • ネオンテトラ 熱帯魚飼育初心者でもネオンテトラを上手に飼育できる方法をご紹介。ネオンテトラ飼育で気を付けたい飼育数・水温>>続きを読む


  • ディスカスの飼育環境を維持する飼育数と水替え
  • ディスカス ディスカスの飼育環境を維持する飼育数と水替え。ディスカス飼育において飼育数と水替えはとても重要な管理項目と>>続きを読む


  • 水槽の酸性化 水質が酸性に傾く原因と酸性にする方法
  • 水槽 水槽の酸性化(弱酸性化)には様々な原因があります。水槽の水質が酸性に傾く原因の中には生体にとって良い物質と>>続きを読む


  • 熱帯魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法
  • 熱帯魚のエサやり 基本的になんでも食べるようなイメージが強い熱帯魚ですが、そんな熱帯魚がエサを食べない。もしくは、口にしても>>続きを読む