水槽の水換え 必要性と水換え頻度

水槽の水換え 必要性と水換え頻度

水槽の水換え 必要性と水換え頻度

水槽の水換え
水槽の水換え

熱帯魚に限らず水生生物を水槽などで飼育していると水換え作業は必ず必要となってきます。ではこの水換え作業はなぜ必要なのでしょうか?水換えの必要性を理解することにより水換えの周期も見えてくるものですのでまずは水換えの必要性を理解していきましょう。

水換えの必要性と周期

週に1回、1/3から半分の水換えなどと言われることがありますがこのサイクルは硝酸塩値などの水質データ上の許容範囲を保てるおおよその目安でありビギナー向けに使われる言葉です。

定期的に水質測定し、数値をメモしておけば水槽内で起こっている目には見えない出来事が把握でき、対処の方法が見えてきます。

硝酸塩値?という人のために硝酸塩とは何かをご説明いたします。硝酸塩を理解するうえではまず水槽内のろ過の仕組みまで戻って考えてみましょう。

熱帯魚を飼育している以上、水槽の水質は日々悪化していくものですがその悪化の仕組みは餌の食べ残しや熱帯魚が排出する糞などをろ過バクテリアが分解してアンモニアやアンモニウムイオンなどが生成されていくからです。

このアンモニアは毒性が強く熱帯魚にとって非常に有害な物質とされていますが、このアンモニアをさらにろ過バクテリアが分解し亜硝酸と呼ばれるアンモニアよりは毒性の低い物質に変化させてくれます。

さらにその亜硝酸もろ過バクテリアの働きによって硝酸塩と呼ばれるさらに毒性の低い物質に変化していきます。ここまではバクテリアによる生物ろ過がしっかりできていれば問題ないのですがこの硝酸塩は放置しておくと水槽内に溜まっていってしまうのです。

水草などを多く入れている水槽ではこの硝酸塩ものちのちは水草の栄養として吸収されますので水質の悪化を抑制することができるのですがこれがよく聞く水草の水質浄化作用です。

しかし水槽という限られたスペースの中に沢山の熱帯魚がいる以上、この生物ろ過だけでは大自然のようなろ過サイクルは機能していきません。どうしても水質浄化のサイクルよりも熱帯魚が排出する糞や餌の食べ残しのほうが蓄積量が多くなるために水質は悪化してしまうのです。

その水質悪化を防ぐために硝酸塩濃度を測定し、定期的に排出してあげるのが水換えなのです。

硝酸塩値と水換えのタイミング

ではどのくらいの数値になったら水換えをすればいいのでしょうか?

硝酸塩値は1リットルあたり12mg以下が適正とされています。そのような数値を維持できていれば水の状態は良好でコケなども生えにくくなります。

値が13mg以上25mgまでは水質が悪化傾向にありコケなどが生えやすくなっている状態です。部分的な水換えを行い硝酸塩値をさげてあげるようにしましょう。

さらに水質が悪化し26mg以上となるとコケの発生の懸念以上に生態にも影響を及ぼすようになってきますので早急に水換えが必要となってきます。

硝酸塩は酸性の物質ですので水槽内では熱帯魚の糞やエサの食べ残しなどが蓄積し水質は徐々に酸性に傾いていきます。水質は水質検査キッドなどで測定することができますので水槽内のPHが6以下の酸性になるころを目安に水換えの時期を決めるという方法をとる方もいるようです。

水換えの方法

水換えの方法で初心者の人が失敗しがちなのが水槽内の水を全交換してしまうことです。これは確かに一番綺麗になりますが水質が極端に変化するため熱帯魚には強いストレスを与えてしまいます。

また水槽内にはバクテリアが徐々に繁殖し水を綺麗にしてくれていますが全交換によりバクテリアの減少を起し、結果水質が安定せずにすぐにコケなどが生えてきてしまうのです。

一回の水換えは1/3程度に抑え、極端な水質の変化を起さないようにし、水換えに使用する水も汲み置きをしておき、水温を同じくらいにしてから使用するようにすると熱帯魚のストレスもなく水換えが行えます。

どうしても汲み置きが出来ない時は飼育が容易な丈夫な熱帯魚であれば水道水を利用しても大丈夫ですがカルキ抜きと水温を合わせる作業は必ずおこなうことをお勧めします。

水槽掃除とコケ対策カテゴリの最新記事