熱帯魚水槽の夏場の水温管理

熱帯魚水槽の夏場の水温管理

熱帯魚水槽の夏場の水温管理

夏の暑さと熱帯魚

四季は日本に多彩な自然の変化をもたらす素晴らしいものですがその四季が日本での熱帯魚飼育を難しくしているということをご存じでしょうか。熱帯魚は原産国の気候からもわかるように高水温を好む魚ですが、適温以上の高水温は逆に致命傷となってしまうことがあります。

そのようなことから熱帯魚飼育において一番難しい季節は気温が30℃以上にまで上がる夏季なのです。

熱帯魚の好む水温と夏の高水温

熱帯魚の種類により多少の温度差はありますが熱帯魚の好む温度は20℃前後~28℃程度です。近年の日本は温暖化の影響もあり夏の猛暑は年々激しくなり35℃を超えるような日々が続くこともあります。

ここまで気温が上昇してしまうと外気の影響を受ける環境に設置してある水槽ではひとたまりもありません。水槽内の水温が極端にあがってしまうと水槽内は酸素欠乏になり熱帯魚は弱ってしまい、最悪の場合は死んでしまいます。

一日中クーラーの効いてる部屋で管理しているのであれば問題ないですが大抵の家庭では日中は外出をするためクーラーなどは消してしまうものです。

外出時もエアコンを効かせたままにしておけば全く問題ありませんが経済面で考えると頭の痛いところでもありますので、そのような時はエアコンとは言わずとも扇風機の風を直接水槽に当てておくだけでもかなりの効果が見込めます。

扇風機の風を水槽に直接当て続ける方法は意外と効果的で扇風機の風が継続的に水槽周辺の熱を奪っていくので水槽の水温も1℃から4℃位は確実に下げてくれます。

夏場の温度上昇対策

シェード

水槽に直射日光が当たるような場所は避け、室内の風通しの良い場所に設置することは水槽管理の常識となっていますが、さらにクールシェードなどの日よけを利用し水槽が設置してある部屋自体の室温も上がらないような工夫をするとエアコン効率もあがり電気代の節約にもなります。

シェード販売メーカーの調査によるとシェードを設置することにより夏場のエアコン代が1000円以上安くなるといった実験結果もでています。

照明器具も一工夫加え水槽用の蛍光灯を水槽の上に直接置かずに幅5cm程の角材をかませるなどして水槽上部に空間を作ることにより蛍光灯から発せられる熱の逃げ場を作ることが出来る上に水面から蛍光灯までの距離が長くなるために水面温度も低くすることができます。

角材などでは見栄えが悪い・・・できればすっきりさせたい。なんて方には照明のリフトアップ器具も販売されていますのでそのようなものを利用するのもいい方法です。

水面と照明器具の間隔を離す策をとることで照明器具の熱を逃がすことができるようになるのです。

また水槽のガラス蓋は想像以上に水槽の水温に影響を与えるものですが、だからと言ってガラス蓋を取っ払ってしまうのは熱帯魚の飛び出し防止を考えるとあまり得策ではありません。

熱帯魚の多くは蓋をしていないといつの間にか水槽の外へ飛び出して日干しになってしまいますのでやはりガラス蓋無しでは不安ですので水槽のガラス蓋を工夫し熱を逃がすような素材に変える方法もあります。

水槽内に熱がこもらないように通気性を確保しながら熱帯魚の飛び出しを防止できるようなネットタイプや金網タイプの素材で蓋を自作してみるのもおすすめです。

ガラス蓋に比べてこのような素材の蓋は水の蒸発が激しくなりますがそのような時は足し水をして対応しましょう。

これでもまだ温度が高すぎるときは熱帯魚水槽用の冷却ファンなども販売されていますので併用することで温度上昇は避けられます。多少金額が張りますが水槽用クーラーを使用するとさらなる効果が期待できます。

タンクメイトとしてヤマトヌマエビなどのエビ類を飼育しているのであればさらに注意が必要でエビ類は高温に弱く全滅してしまう恐れがあります。

やってはいけない高水温対策法

夏場の水温上昇時に慌てて氷を水槽にいれて水温を下げる方法を考えがちですが氷の投入は急激な水温変化をもたらし熱帯魚の病気の発症原因にもなりますのでやめましょう。

ただでさえ高水温の低酸素濃度で弱っている熱帯魚に今度は急激な温度変化といったダメージを与えてしまっては助かるものも助からなくなってしまいます。

夏場の高水温対策は急激に水温を下げるのではなく、長期的に水温が上がらないようにする対策かゆっくりと水温を下げる対策をとることが求められています。