スネールの退治法

スネールの退治法

スネールの退治法

スネール
スネール

スネールとはタニシのような巻貝の仲間で、水槽内のガラスや水草に2mm~4mmくらいの巻貝が歩いているのを見かけることがありますがアクアリウムにおいてこのような巻貝の総称をスネールと呼んでいます。水草などに卵が付着して水槽内に進入してきますので水草水槽に多く発生する傾向があります。

これが不思議なもので水草購入時にかなり気を使っていてもなぜか気がつくと水槽内のガラス面にのらりくらりと歩いていることがあります。はじめのうちは水槽内の同居人くらいに思っていればいいのですが大量発生しだすと結構目についてしまうものです。

対策としては見つけ次第、ピンセットなどで取除く方法が一番簡単ですが管理人の場合は指で挟んでつぶしてしまいます。つぶしたスネールはそのまま水槽内に放すと熱帯魚などがよってきて食べている(?)光景をよく目にします。

オトシンクルス
オトシンクルス

その他にも生物兵器としてオトシンクルスなどがいます。オトシンクルスは水草についたスネールの卵を食べてくれるということなので(実際に食べているところを見た事はありませんが・・・)スネールの繁殖防止効果が期待できます。

実際にスネールの繁殖防止効果が少ないとしてもオトシンクルスはスネール対策のほかにもコケなどを掃除してくれますので水槽内にいれておけば一石二鳥です。逆に水草水槽のタンクメイトといえばオトシンクルスやヤマトヌマエビというほどメジャーになっていますのでスネールが発生する以前からオトシンクルスは水槽内に混泳させている方も多いとおもわれます。

でもここで疑問がでてきます。オトシンクルスを水槽内に入れてあるにもかかわらずスネールが発生しだすなんてことも結構あります。ということは繁殖防止効果はないの・・・ そうではなく発生時は卵の数も少ないためオトシンクルスも見逃してしまうこともありますが数が増えあちこちに卵を産むようになるとオトシンクルスにも発見しやすくなり繁殖防止効果がでてくるようです。

トーマシー
トーマシー

生物兵器といえばほかにもアノマロクロミス・トーマシーが有名です。トーマシーはアフリカ原産のシクリッドですがワイルド個体は珍しく大抵ショップで販売されているものは東南アジアでの繁殖ものが多く、成魚で7cmほどになりますがショップなどで販売されている個体は3cm~4cm程度が多いようです。

性格は多少きついといわれることがありますが水草などが茂った水槽内では小型カラシンなどとの混泳も可能で飼育も容易なためスネールバスターとして活用されることがあります。見た目も華やかですので観賞用としてもお勧めです。スネール退治法などでたまに見かけるかまぼこの投入やスネールホイホイなどよりは効果はあるようです。

ただトーマシーはスネール退治には有効ですがエビなども食べてしまいますので苔取り用にミナミヌマエビや観賞用にビーシュリンプなどを入れているようでしたら投入はできません。

熱帯魚の病気カテゴリの最新記事