水槽の水換えに水道水がそのまま使えない理由とカルキ抜き

水槽の水換えに水道水がそのまま使えない理由とカルキ抜き

水槽の水換えに水道水がそのまま使えない理由とカルキ抜き

カルキ抜き

水槽を管理していれば水換えや足し水はつきものです。しかし水換えに水道水をそのまま使用することは望ましくありません。水槽の水換えに水道水がそのまま使えない理由と水道水を使えるようにするためのカルキ抜きについてご紹介いたします。

水道水がそのまま使えない理由

水道水をそのまま水槽にいれるのは良くないとよく聞きますが、その理由は水道水には塩素が含まれているからです。

塩素は水道水の中に含まれる細菌を消毒するために1リットル中に最低0.1gの濃度で含まれていなければいけないという法律に基づき投入されています。

この塩素は人間にとっては非常に微量なためまったく問題がありませんが熱帯魚などの魚達は直接エラから体内に塩素をとりいれてしまうのと人間よりも塩素に対する抵抗力が低いことが体調を崩す原因に繋がります。

また先にも述べたように塩素は殺菌効果があるためそのまま水槽に注入すると水槽内で繁殖した有益なろ過バクテリアまでも殺してしまいます。その結果ろ過能力が低下してすぐに水質が悪化してしまうことになります。

カルキ抜きの方法

そこで水道水を水槽に入れる際にはカルキ抜きをおこないます。ここではカルキ=塩素と思ってもらってもいいでしょう。塩素は水よりも蒸発の早い元素なので口の広いバケツなどにいれて置いておけば半日程度で蒸発してしまいます。

またヒーターや日光などにあてるなどして水温を上げてあげるとさらに蒸発が早まります。これがカルキ抜きです。

この汲み置きが面倒な人には塩素中和剤が販売されていますので利用するといいでしょう。最近の中和剤は液体タイプが多く使いやすくなっています。

中和剤は塩素と反応しない限り有効ですので水換えの時などは先に水換え分だけの水を減らしておきそこに中和剤をいれ後から温度を調整した水をいれる方法もあります。

このような方法をとる時は自分の水槽にどのくらいの量の水がはいっているのか?水換えは水量の何分の1くらい減らしたのかなどを計算して中和剤をいれる必要があります。安易にドバドバとたくさんいれればいいというものではないので注意してください。