オトシンクルスの飼い方と繁殖法

オトシンクルスの飼い方と繁殖法

オトシンクルスの飼い方と繁殖法

オトシンクルス

オトシンクルスは体長3センチ程の南米原産小型ナマズの仲間で口は吸盤のようになっており水槽のガラス面や水草に付着したコケを舐めるように取ってくれます。オトシンクルスは小さく温和な魚なので他の魚との混泳向きでタンクメイトとして水槽に数匹いれておくとコケ予防になります。水草を食害することがないので水草水槽にも有効です。

オトシンクルス飼育

オトシンクルスは水槽内のコケを食べてくれると先に述べましたがここで勘違いをしがちなのがコケを食べているので餌は必要ないと錯覚してしまうことです。オトシンクルスが好んで食べるコケは水槽立ち上げ時などに生えてくるガラス面や水草にうっすらと発生する茶色や緑色のコケです。

逆に繊維状のコケや流木にしっかり根を張ったコケなどは食べられません。よって水槽内にコケがあっても餌不足になっていることもあります。そんなときにはプラスチックなどを日のあたるところに置いてコケを生やしてから水槽内に入れるなどの方法で餌不足を解消できます。

このような作業は少々手間になってしまいますので手っ取りばやい方法はプレコ用のタブレットなどを与えてください。オトシンクルスは植物性の餌だけしか食べないわけではないので一般的なフレークでもいいのですが水槽底面にいるという性質上、餌にありつけないことが多いほか植物性の栄養が不足してしまうことにも繋がりますのでやはり別扱いをしてあげたほうがいいでしょう。

オトシンクルスの繁殖

オトシンクルスの繁殖は非常に難しいようです。タンクメイトとしていれておいたオトシンクルスにいつのまにか稚魚が現れたなどという話は聞きますので水槽内でも繁殖は可能のようですがこれだという方法はないようです。

また稚魚が非常に小さくせっかく生まれてもそこから大きく育てることが難しいようです。管理人も繁殖に挑戦してみますので成功しましたら報告いたします。