アマゾンソードをうまく育てるコツを教えてください

アマゾンソードをうまく育てるコツを教えてください

アマゾンソードをうまく育てるコツを教えてください

アマゾンソード

水草水槽初心者です。60cm水槽で水草水槽をはじめたいのですがショップなどで聞くと初心者にはアマゾンソードやカモンバなどがお勧めですと言われ購入してきました。アマゾンソードをうまく育てるコツを教えてください。

回答

アマゾンソードはロゼット型といわれる種類で葉が放射線状に広がるとても丈夫な水草です。CO2の添加も必要なく照明や水質など水草育成の最低条件がそろっている程度で問題なく育成可能です。

育成に対してさほど気を使うことはありませんが植え込みの時に浮いてしまうのを気にしすぎて深く植えすぎると新芽が出てこれずに枯れてしまうことがあります。アマゾンソードは放射線状の中心付近から新芽を出す為、植え込みの時はあまり深く植えすぎずに根が少しでるくらいにしてください。

またアマゾンソードは根からの栄養分吸収が強くしっかりとした根を張ります。よって固形肥料を根の周りに埋め込んであげることで葉長が50cmほどくらいまで立派に成長させることもできます。

逆にあまりにも大きく成長しすぎてほかの水草とのバランスなどを考えても60cm水槽ではもてあましてしまうこともしばしあります。そのような時は光量を下げたり肥料濃度を下げてしまうと他の水草にも影響してしまいますのでアマゾンソード自体の成長を止めてあげる方法が一番無難です。

方法としては第一段階として外側の葉を間引く方法です。アマゾンソードは中心から新芽を出す為、必然的に外側の葉が古くなっていきます。古くなった葉は新陳代謝が悪くなるためコケなども付着しやすくなりますので早めに取り除くほうがいいでしょう。

外側の葉が取り除けたら次に根切りをおこないます。しっかりと張った根は栄養の吸収が強い為、根切りを行うことで栄養の吸収率を下げてあげると次にでてくる新芽は小さくなります。根は一度引き抜き3cm~4cmほど残して切ってしまって問題ありません。

差し戻す際には底砂を一度綺麗にしてから植え込むようにすると底砂の汚れによる根腐れもなくなります。アマゾンソードはある程度大きくなるとランナーを出し子株を増やしだしますので子株がではじめたら子株だけ本水槽に植え替えてあげるような方法でも小さなアマゾンソードをうまく利用できる方法の一つです。

さらにアマゾンソードと同じ種類のエキノドルス系ではアマゾンソードほど大きくならない品種もありますのでそのような品種の水草を利用するのも一つの手かもしれません。

チェーンアマゾンやエキノドルステネルスなどは小型のエキノドルスとして水槽の前景などにも利用できる水草です。