水草の量とコケの関係

水草の量とコケの関係

水草の量とコケの関係

水草水槽

水槽内は富んだ栄養状態にあってコケがたくさん発生するときたくさん水草をいれて栄養を吸収させるのは効果がありますか?

この質問からコケの種類がわからない為回答はひとつではありません。よっていくつかの考えられる回答をご紹介いたします。

ひげ状などの繊維的コケの場合

水槽内のメカニズム的には水槽内の栄養を水草が吸収し成長します。よって水草がいきいきと成長している水槽にはコケは少なくなります。(コケの栄養が水草によって吸収されるので)

しかし水草用の肥料を必要以上に投入したり水が古くなることによる栄養過多になるとあまった栄養をコケが吸収して生長をはじめます。この仕組みからすると水草を多くいれればコケは減らせるとおもわれるでしょうがそれは違います。

先を見た考えでは水草を多めにいれることは効果的ですがコケが生えてしまっている水槽に水草をいれてもコケは減らせません。

早急な対策としては水槽内の掃除による人為的除去を行い、いっしょに水替えにて新鮮な水を供給します。その次に水草が吸収できる養分まで排泄物などを分解できるようにバクテリアの繁殖を促します。

水草が生き生きと成長できる環境がある程度できたらここではじめて水草を多めに投入します。この時は俗にいうパイロットプランツを選択することが大切です。アヌビナスのような成長の遅い水草では効果は薄いので初心者向けで且つ、成長の早い水草を選択することが大切です。

どろどろした緑色のコケの場合

これは水槽内の有機物が分解できていないために栄養過多になってしまい発生するコケです。よって水草の投入よりもバクテリアの投入のほうが効果的です。このようなコケはバクテリアの投入後、エアレーションを行い、活動を活発にしてあげるとみるみる減少していきます。