熱帯魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法

熱帯魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法

熱帯魚がエサを食べない・吐き出す理由と対処法

熱帯魚のエサやり

基本的になんでも食べるようなイメージが強い熱帯魚ですが、そんな熱帯魚がエサを食べない。もしくは、口にしても吐き出してしまう。何故エサを食べないのか?熱帯魚がエサを食べない理由と吐き出してしまう理由について考えてみましょう。

熱帯魚がエサを食べない理由

熱帯魚がエサを食べなくなる一つの例として水質の悪化などが挙げられます。水槽内の水質が悪化してくると熱帯魚は徐々に体調を崩し、エサ喰いが悪くなる事があります。

水面に気泡が残るようになったり、水が白く濁ったりしていないか、水槽の底に糞などが溜まっていないかなどをチェックしてみましょう。もし、水が汚れているのであれば水替えを行うことで改善されることもあります。

購入してすぐの場合

購入後すぐの熱帯魚などは環境の変化によって怯えていることが多いので、今の環境に馴染むまでそっとしておいてあげましょう。熱帯魚は数日であればエサを食べなくても全く問題ありませんので、まずは環境に慣れさせてあげ、様子を見ながら少しずつエサを与えて見ましょう。

熱帯魚が環境に慣れてきてもエサを食べない時にはエサの種類を変えてみる方法もあります。熱帯魚のエサにはフレーク状のものから、アカムシなどの動物性のエサ、植物性のエサなど色々なものがありますので何種類かのエサを試してみるのもいいでしょう。

また、観賞魚用の乾燥エサの中には浮遊性と沈水性のものがありますが、沈水性のエサの場合には熱帯魚に気づかれにくく食べない時もあります。そのような時には浮遊性のエサに切り替えてみましょう。

最後に、熱帯魚がエサを食べない理由のうち一番避けたい理由が、熱帯魚の病気です。エサを食べない熱帯魚におかしいところがないかよく観察してみましょう。

泳ぎ方はおかしくないか、ヒレや体表におかしいところはないかなど病気の症状が出ていないかを確認します。もし、何かしらの病気にかかっていたらエサを食べさせることよりも病気の治療を最優先しましょう。

一つの症状として熱帯魚の糞が白くなることがあります。これは熱帯魚が消化不良を起こしている合図ですので、エサが古くなっていないか、湿気でカビていないかなどを確認してみましょう。

また、蛍光灯消灯前の夕方や夜にエサを与えると熱帯魚がエサを消化する前に寝るタイミングになってしまい、消化不良を起こす事がありますので餌やりは朝のうちか午前中に行うようにしましょう。

熱帯魚がエサを吐き出す理由

熱帯魚がエサを吐き出す場合には、エサの質や種類に関係があるかもしれません。今まで食べていた餌と違うエサを与えた場合などは、そのエサに馴染むまで多少時間がかかることがあります。

また、エサの粒が大きいものは一度に飲み込めないので、何度か吐き出すようにして砕いて食べることもあります。あまりに大きなエサは食べにくさや消化の悪さなどからお勧めできませんので与える前にすり潰して、細かくしてから与えるようにします。

それでも吐き出すような仕草を見せる時はお腹がいっぱいなのかもしれません。熱帯魚のお腹が張っているような時は過剰な餌やりの可能性もありますので、与える量や回数を減らしましょう。

常にエサを食べ続けている(消化している)状態だと内臓に負担をかけてしまうのであまり良いことではありません。また、過剰な餌やりは食べ残しや大量の排泄物によって水を汚しやすくなりますので控えるようにしましょう。

熱帯魚にエサを食べさせるには

今まで述べてきた理由などからある程度はエサを食べさせるための方法は見えてきているとは思いますが、今一度まとめてみましょう。

対策①
熱帯魚が落ち着ける環境を維持してあげる。あまり頻繁にそばで眺めていたりするとなかなか落ち着けませんのでそっとしてあげることが必要です。

また、扉のそばなど頻繁に人が通る場所や物音がする場所なども避けたいところです。水槽内に熱帯魚の隠れ家となる水草やオブジェクトを入れてあげるのも熱帯魚を落ち着かせる方法の一つです。

対策②
水質の管理。常に綺麗な水を保つことで熱帯魚の体調を万全にしてあげましよう。調子を崩せばエサを食べなくなるのは当然のことです。

対策③
エサの鮮度管理と好みの把握をすることです。新鮮(古くなっていない)エサを常に与えられるようにしておきましょう。また、色々なエサを与えてみて熱帯魚の好みを把握しておくのも大切なことです。

人工の乾燥エサに食いつきが悪い時には天然エサのアカムシ、ミジンコ、イトミミズなどを与えてみると食いつきが良くなることもあります。