コリドラスの薬浴は大丈夫か

コリドラスの薬浴は大丈夫か

コリドラスの薬浴は大丈夫か

コリドラス

コリドラスが白点病になっているのですが、コリドラスは薬に弱いらしいのですが、薬を使うべきなんでしょうか。

コリドラスは確かにいろいろなサイトで薬に弱いと書かれていることが多いですが白点病の治療のためなら薬浴をしても問題はありません。

コリドラスに対して薬がだめかどうかよりも白点病に対して適切な処置をすることのほうが大切です。そうしないと薬で死んでしまう前に白点病で死んでしまいます。

そのためここではまず白点病の原因と対策について説明いたします。まず白点病という言葉を聞けばなんとなくイメージはできるので初心者でもすぐに白点病と判断はできるでしょう。

白点病はその名のとおり熱帯魚のヒレや体表に白い斑点ができます。感染力は非常に強く放っておくとあっという間に水槽全体にひろまってしまいます。

白点病の原因はイクチオフチリウス(和名はウオノカイセンチュウ)と呼ばれる繊毛虫が熱帯魚に寄生するために起こります。このことにより熱帯魚はかゆがり岩や底砂に体をこすり付けます。この行動が体表に傷をつけてしまい更なる症状の悪化へと繋がってしまいます。

白点病の原因であるイクチオフチリウス(和名はウオノカイセンチュウ)は25℃以下の水温で繁殖力が強まるため発症が確認できたらまずは水温を高めに設定する事で繁殖力を弱めることができます。

またこの病原虫は熱帯魚に寄生し栄養を吸収し成長すると熱帯魚から離れて水槽内を浮遊します。その後水槽内で分裂期に入り数を増やしながらまた熱帯魚に寄生することを繰り返します。

次に白点病が発症した熱帯魚だけを薬浴水槽に移すかそれとも本水槽に薬剤を投入するかですが白点病の場合はできれば本水槽ごと治療することをお勧めします。理由としては先にも述べましたが病原虫が浮遊する期間があるため熱帯魚だけを薬浴するだけでは対策が不十分となってしまうのです。

白点病の薬浴用の薬はグリーンFゴールドやアマゾングリーンなどがお勧めです。基本的に薬浴時は水草を取り出し、活性炭を使わないのが鉄則となっていますが水草に対してはそれほどシビアにならなくても大丈夫という報告も結構聞いています。

とくにアマゾングリーンなどは水草もOKとうたっているくらいです。しかしながら最終判断は自己責任で御願いいたします。

白点病は薬浴を1週間ほど続けることにより治療することができますがその時にろ過バクテリアにもダメージを与えてしまうため一時的にろ過能力が低下してしまいます。そのため知らぬ間に水質の悪化を引き起こしてしまうこともありますので定期的な水換えを行ってください。