コリドラスの好む水温!夏・冬それぞれの水温対策

2021年12月7日

コリドラスの水温

コリドラス水槽の水温の適温は何度?

コリドラスの種類によって好む水温は違う?

コリドラスの水温、冬は最低どのくらいまで大丈夫?

夏は水温30度になっても大丈夫?

こんなコリドラスの水温管理に関する疑問についてご紹介いたします。

コリドラス水槽の適正水温

コリドラスの飼育に適している水温は、一般的に20℃~28℃と言われています。

コリドラスは高水温に弱く、低水温に強いとされていますが、水温が低すぎると白点病にかかるリスクが高くなります。

よって季節を問わず、水温は25℃くらいに設定しておくとよいでしょう。

白点病とはウオノカイセンチュウと呼ばれる寄生虫が寄生することによって発症する病気で観賞魚にはよくみられる病気のひとつです。

その名の通り、コリドラスの体表に白い点が出現します。

白点病は長引くと寄生虫がエラに寄生し、窒息死する可能性もある危険な病気です。

その為、白点病の発症が確認できた時点で、直ちに魚病薬による薬浴治療を開始しましょう。

急激な水温変化も白点病の原因になるので、水温は常に一定に保つことを心がけましょう。

コリドラスの種類によって好む水温は違う?

種類が多いことで知られているコリドラスですが、どの種類も基本的には20~28℃の水温を好みます。

その中でもコリドラス・パレアタス(青コリ)は、他の種類に比べ育てやすく、低水温にも特に強いと言われています。

冬場でもヒーターによる温度管理をしなくても、飼育できると言われているほどです。

その為、初心者の方にも育てやすく、人気の種類です。

しかし、基本的には低水温を好むわけではなく、個体差もあるため、初心者の方はしっかりと温度管理をすることをおすすめします。

コリドラス水槽の冬の水温管理

コリドラスは低水温には強い魚ですが、最低でも18℃は必要なので、水温が低くなってしまう場合は水槽用ヒーターを使用しましょう。

この時も25℃くらいを目安に温度設定をしましょう。

冬場の水温管理では、下記のような水温対策方法があります。

  • 水槽の蓋をしておく
  • 水槽はなるべく窓際におかない
  • 水槽の大きさにあったワット数のヒーターを選ぶ
  • 断熱材を利用する
  • 室内のエアコンを常につけておく

冬場は水槽用のヒーターを使用することで、室温より水温が上回ることもよくあることです。

湿度が低い中で寒暖差がうまれると水槽内の水がどんどん蒸発してしまいます。

蒸発により水量が減ってしまえば、それだけ外気による水温変化の影響を受けやすくなってしまいます。

そのような場合には水槽に蓋をすることである程度水の蒸発を防いでくれます。

冬の窓際は気温が下がりやすく、寒暖差も激しくなります。

その為、ヒーターの稼働率も高くなり、電気代も上がってしまいます。

そのような理由から水槽をおく際は、なるべく窓際にはおかないようにしましょう。

水槽サイズに合わせたヒーターを選ぶことも大切な要素です。

水槽サイズよりヒーターの出力が弱ければ水槽全体を均一に温めることができなくなります。

さらに水槽サイズにあったワット数のヒーターを選ぶことで、無駄な電力の消費を防ぎ、電気代の節約にもなります。

水槽の底に断熱材を敷くことによって、下からくる冷気を遮断して、水温の低下を防ぐ方法などもあります。

断熱材には熱が伝わって放出されるのを防ぐ効果があるため、放熱対策としても効果的です。

見栄えは悪くなりますが、発泡スチロールなどの断熱材で、水槽のまわりを覆うことも保温につながります。

室温と水温の差が大きければ、水槽用ヒーターの稼働率も高くなり、やはり電気代が上がってしまいます。

水槽を設置している室内の温度を25℃くらいに設定しておけば、ヒーターの稼働率を下げることができ、節約につながります。

ただし、部屋の大きさや水槽の数によっても電気代は左右されるので、飼育環境にあった方法を選びましょう。

夏は水温30度になっても大丈夫?

コリドラスは高水温を苦手とし、水温が30℃を越えると飼育が難しいとされています。

その原因のひとつとして、高水温によって溶存酸素量が減少してしまうことが挙げられます。

溶存酸素量とは水の中に溶け込んでいる酸素の量のことをいいます。

溶存酸素量は水温が低いほど増え、高いほど減ってしまいます。

そもそもコリドラスは流水などの酸素を多く含む水を好む魚です。

溶存酸素量が減少すると酸欠になり窒息死してしまう可能性も高くなります。

さらに、バクテリアなどの水を綺麗にしてくれる微生物も酸素を必要とします。

酸素量が少なくなり、微生物も活動できなくなると水質汚染につながり、コリドラスにとってもますます住みにくい環境となるでしょう。

そのことから30℃を越えてもエアーポンプなどで溶存酸素量を増やしてあげれば、コリドラスの生存率を高めることに繋がります。

コリドラスの水温管理まとめ

  • コリドラスは高水温に弱く、低水温を好むので、季節を問わず25℃を目安に水温設定をおこなう。
  • コリドラス・パレアタスは低水温にも強く、比較的育てやすいことから初心者の方にもおすすめ。
  • 冬場は18℃を下回らないようにヒーターを使うなど水温対策が必要となる
  • 夏場は水温上昇による溶存酸素量の減少に注意。

今回はコリドラスの水温管理についてご紹介しました。皆様のコリドラス飼育の参考にしていただけると幸いです。

水槽用ヒーター

楽天市場で探す

Amazonで探す

水温計

楽天市場で探す

Amazonで探す

こちらの商品はタイマー機能を搭載したワットチェッカーです。

照明と組み合わせて使うと日々の照明の管理が楽になります。

決まった時間に電源をオン・オフできるタイマーを備えており、曜日ごとの設定も可能です。

水槽の照明など時間を決めて自動で電源のオンオフをしたい設備に使い勝手が良い商品です。

1時間あたりの電気料金や積算使用電気料金なども表示できる優れものです。

トラッキング防止プラグが採用されているため、ショートによる火災リスクも低減。

リーベックス 節電エコタイマーET55

楽天市場で探す

Amazonで探す

サイト内検索

-コリドラス飼育
-