グッピーの縦泳ぎ!?頭を下にして縦に泳ぐのは病気?

2022年8月1日

※この記事では広告を表示しております。

グッピーの縦泳ぎ

グッピーが縦に泳ぐことはある?

グッピーが頭を下にして縦泳ぎするのは病気?

グッピーの縦泳ぎは自然に治る?

こんなグッピーの縦泳ぎに関する疑問についてご紹介いたします。

グッピーが縦に泳ぐことはある?

通常ならばグッピーは横向きに泳ぎます。

しかし、何故か縦に泳ぐというケースをたまに見かけます。

グッピーが縦に泳いでいても問題無いのでしょうか?

結論から言うと、グッピーが縦に泳いでいるというのは良い状態ではありません。

何らかの異常が発生している可能性が高く、かなり弱っている状態だと言えます。

俗に「立ち泳ぎ病」とも呼ばれるグッピーが縦向きになって泳ぐ状態は、様々な原因によって体に異常が起き、平衡感覚が狂ったり浮力の調節が難しくなった状態です。

発生する原因はハッキリと解明されていませんが、食べ過ぎなどによる浮き袋の異常や急激な水換えによるショック、細菌感染やストレス、寿命などが原因で発生すると言われています。

縦になって泳いでいるのを発見した段階ですでにかなり衰弱して弱っている場合も少なく無いので、治療して完治させるのはかなり困難な症状です。

しかし、治療して治るケースもあるので、縦泳ぎが見られても諦めずにすぐに隔離して治療するようにしましょう。

グッピーが頭を下にして縦泳ぎするのは病気?

グッピーの縦泳ぎには頭を上にして泳ぐ場合と下にして泳ぐ場合の2パターンあります。

では、頭を下にして縦泳ぎをすると言う場合、どのような病気が考えられるのでしょうか?

頭を上にして縦に泳ぐ「立ち泳ぎ病」に対し、頭を下にして縦に泳ぐ状態を「逆立ち病」と言います。

これらの病名は正式なものではなく、発症した魚の状態を指して呼ばれているものです。

名前が異なる2つの病気ですが、発生する原因は同じです。

逆立ち病も食べ過ぎや水質悪化などの原因によってグッピーがダメージを受けることで発症します。

逆立ち病も立ち泳ぎ病同様に治療が困難なケースが多く、発見時にすでに体が痩せ細ってしまっている個体はまず助かりません。

治療が困難なこれらの病気は発症させないように予防することが大切です。

  • 餌を与えすぎない
  • 水質の急変に注意する
  • 適度な頻度で水換えをして水質を維持する
  • 急激な水温変化に注意
  • 過密飼育などのストレス要因を解消する

寿命による縦泳ぎだけはどうしようもありませんが、上記の点に注意して飼育する事で、飼育環境に由来するグッピーの縦泳ぎを予防する事ができます。

グッピーの縦泳ぎは自然に治る?

飼育しているグッピーが縦泳ぎしているのを発見した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

そのまま放置しておいたら自然に治るのでしょうか?

グッピーの縦泳ぎをそのまま放置して自然に治ることはまず期待できないでしょう。

ほとんどの場合どんどん衰弱していってそのまま死んでしまいます。

では治療すれば助かるのかというと、残念ながら絶対に助かるとは言えません。

縦泳ぎが発生する原因は様々なため、これと言った特定の治療方法や薬が無いからです。

それでも中には治療する事で回復するケースがあるので、諦めずに治療してみましょう。

縦泳ぎの治療方法として次のようなものが挙げらます。

  • 水換えによる水質改善
  • 数日間の絶食
  • 塩浴

縦泳ぎの発症原因が水質悪化によるものの場合、まずは水換えをして様子を見てみましょう。

一気に水換えすると水質の急変を招きグッピーにとどめを刺す恐れがあるので、1/5程度の少量の水換えを1週間ほど続けて行ってみて下さい。

水質が改善する事でグッピーの体調も徐々に回復していく場合があります。

縦泳ぎしているグッピーのお腹がポッコリとしている場合、食べ過ぎが原因として考えられます。

この場合は1週間程度絶食にして様子を見ます。

この時、水温を少し高めの28度程度にすると新陳代謝が上がり排便が促されるのでおすすめです。

糞が出てお腹がスッキリすれば縦泳ぎが回復する可能性があります。

回復したら再発防止のために餌は少なめに与えるようにして下さい。

縦泳ぎの原因が分からない場合は塩浴で様子を見ましょう。

塩浴には魚の新陳代謝を促進し自然治癒力を高める作用があるので、初期の縦泳ぎであれば塩浴で回復する可能性があります。

グッピーの塩浴治療の塩分濃度は0.5%で行います。

水1リットルに対して塩5gで0.5%の塩分濃度になります。

本水槽にそのまま塩を入れると水草やバクテリアがダメージを受けるので、別容器に縦泳ぎのグッピーを移して塩浴させましょう。

塩浴期間は1週間程度を目安に行って下さい。

以上がグッピーの縦泳ぎの治療方法です。

寿命を迎えたグッピーも縦泳ぎをする事があるため、この場合は治療しても延命させることはできません。

そのまま最後まで見守ってあげて下さい。

寿命以外の原因で縦泳ぎをしていると言う場合は原因別の治療方法を行うことで治る可能性があります。

しかし、縦泳ぎは回復困難なケースも少ないくないため、予防することが最も大切です。

日頃から飼育環境を整えて縦泳ぎの発症を予防し、万が一発症したらそのまま放置する事なく、早めに治療を開始して下さい。

グッピーの縦泳ぎまとめ

  • グッピーが縦泳ぎをするのは体に何らかの異常が発生したサイン
  • 頭を上にする「立ち泳ぎ病」と頭を下にする「逆立ち病」は発症原因が同じで、どちらも平衡感覚や浮力に異常が発生して起こる
  • 縦泳ぎは放置しても自然治癒しないので早めに治療すること
  • 寿命が原因の縦泳ぎは治療方法が無いのでそのまま最後まで見守るしかない

今回はグッピーの泳ぎ方に関する疑問についてご紹介しました。皆様のグッピー飼育の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内検索

-グッピー飼育
-